不動産物件を購入する時に、その物件だけの価格ではなく、それ以外の費用が必要ですがそのことを書きました。

購入か賃貸か 不動産を決めるポイント
購入か賃貸か 不動産を決めるポイント

不動産物件を購入する時の諸費用について

不動産物件では、その物件を売買するのですから、その費用が必要ですが、それが価格になります。しかしその価格だけが費用ではありません。プラスアルファが必要だということで、諸費用ということですが、特に不動産物件は、価格が高いので、諸費用も大きくなります。だいたいは不動産価格の3%から5%ということになります。不動産物件の価格が例えば3千万円だと、60万円から150万円は、プラスされて購入しなければなりませんから、その分も準備しておかないといけないということになります。余裕を持って準備しておくのが良いように思います。

例えば、税金面では、不動産取得時にかかる印紙税や、登録免許税などですし、他にも入居後に発生する固定資産税や不動産取得税なども必要になります。また保険関係では、火災保険や地震保険料、住宅ローン契約時に加入する団体信用保険などもあります。連帯保証人の代わりに必要な保証料、融資手数料などもローン関係の費用になります。仲介手数料も必要で、不動産の購入時に、不動産会社の仲介を受けた場合の仲介手数料、また不動産登記を司法書士に依頼した場合の登記手数料などです。その他引っ越しの費用や諸々あります。その準備も必要です。

Copyright 2018 購入か賃貸か 不動産を決めるポイント All Rights Reserved.