不動産物件での、マンションと一戸建てのメリットとデメリットの事を、いくつか書いてみました。

購入か賃貸か 不動産を決めるポイント
購入か賃貸か 不動産を決めるポイント

不動産物件とマンションと一戸建て

不動産物件での資産価値については、一戸建てのほうが、資産価値は同じ価格の場合には、高いということが一般的な考え方です。マンションの場合には、共有部分は分割して売却できませんし、建物の価値がおもで、土地が殆どないような小さなものです。しかし一戸建ては、土地の部分がそのまま価値として残りますから、不動産価値としては、有利になります。また修繕費の積み立ても、一戸建てではないので、自分で自由に決められます。また庭もありますので、それも色々な使い方ができます。ガーデニングでも、家庭菜園でも、駐車場でも利用できます。しかし全て自分ですることになりますので、計画を立てておかないと、後で困ることもあります。

マンションの場合には、一戸建てより資産としては、劣ると言われていますが、逆に言えば税金なども少くてすみ、管理なども管理組合がしてくれるので、管理費さえ支払っていれば、管理をしなくてすみ、経過報告を聞くだけですむ場合も多いということになります。管理費の使い方さえチェックしておけば、自分でする部分は少くてすみます。また集合住宅なので、その全員の力が集まれば、ひとつの意見として、まわりや自治体などに強く言えるということもあり、災害時でも救助や援助が意識されやすくなります。行動も集団でしやすいということです。

Copyright 2018 購入か賃貸か 不動産を決めるポイント All Rights Reserved.