不動産会社に就職するためには何が必要でしょうか?資格や経験はあるに越したことはありません。

購入か賃貸か 不動産を決めるポイント
購入か賃貸か 不動産を決めるポイント

不動産会社に就職するなら

不動産会社に就職したいという方は少なくないでしょう。新卒にしても中途採用にしても、不動産会社は募集が多い職種と言えるでしょう。それだけ有能な営業社員を求めているのです。同じ物件でも契約が成立するかしないかは、営業社員によって決まります。知識と経験が豊富な人が相手なら、お客さんとしても安心して契約できるでしょう。しかし、自信がない担当者や聞いていることに明確な答えが得られない担当者の場合は、物件が良くても契約する気にはなれないかもしれません。

不動産会社で経験を積み、知識と自信を重ねることによって有能な営業社員になれるでしょう。また、必要な資格を取得することも大切です。不動産会社の場合は、宅地建物取引主任者の資格を持っていると就職しやすいと言えます。しかし、必ずこの資格がないと不動産の仕事ができないというわけではありません。営業者ごとに1人は必ず必要ですが、従業員5人に対して1人いれば良いのです。不動産会社の中にも経理担当や事務担当がいますから、その人たちまで宅建取引主任の資格を取る必要はないでしょう。ただし、経理の仕事をするにも資格を持っていると有利です。他にはマンション管理士などの資格もあります。

関連リンク

Copyright 2017 購入か賃貸か 不動産を決めるポイント All Rights Reserved.