高齢化社会の今の世の中、一人暮らしのお年寄りが増えています。高齢者に優しい不動産選びをしたいですね。

購入か賃貸か 不動産を決めるポイント
購入か賃貸か 不動産を決めるポイント

高齢者に安心な不動産選び

かつては、おじいちゃん、おばあちゃんが、子や孫と一緒に住んでいて、近くにも親せきが住んでいる。というのが一般的に見られました。しかし、現代は、同居の方が少なくなってきて、高齢者の二人暮らし、または一人暮らしが、当たり前のようになってきました。さらに大きな家は管理と維持が大変だからと、住みなれた家、土地、などの不動産を手放して、新たに賃貸住宅に住む高齢者も多いようです。自分の親が安心して生活するためには、安全で、安心できる不動産選びをする必要があります。

たとえば、段差がなくて、そして、車いすでも容易に通れる通路やローカ、高齢者の背の高さに合わせた流し台、また、高齢になると、どうしても火の始末や、戸締りを忘れがちです。しかしIHクッキングヒータが備わっていたり、お風呂の消し忘れ、水道の出し放しなどを防止する機能が付いてる給湯器、などがそろってる住宅はとてもたすかりますよね。高齢の親が元気で安心して暮らすために、そして少しでも長生きしてもらうためには、こうした安全な機能が備わっている住宅はお勧めです。それでも、時々電話や手紙、また直接会って、自分の親の安否を確認したりすることは忘れないようにしたいものですね。

関連リンク

Copyright 2018 購入か賃貸か 不動産を決めるポイント All Rights Reserved.