戸建て不動産買うならバリアフリー考えた設計をしておかないと自分たちが高齢者になったときに使いにくいこと

購入か賃貸か 不動産を決めるポイント
購入か賃貸か 不動産を決めるポイント

戸建て不動産買うならバリアフリー考えた設計を

一番の理想だとされている住宅不動産といえば、戸建て住宅であります。その一戸建ての住まいはローンを返済できる限りは全部自分のモノですので設計も他人に左右されず自分の意思を反映しやすくなります。さてその戸建て住まいはもちろんほとんどの人は生涯そこで住み続けることを前提に設計と建造をされています。

ということはいずれ自分たちは高齢者になってもそこに住み続けるわけですが、高齢者になればそれまで考えられなかったことが次々と襲いかかってきます。それは身体が若いときに比べて思うように動かなくなるということであります。従いまして最近ではバリアフリーの重要さが認知されてきたわけで、自分たちの戸建ての住まいにもそれを活かした設計をしないとならないということであります。具体的にはまず家の前の公道と家の玄関まで、玄関から家の床、1階の各部屋をぞれぞれ車いすでもアクセスできるようにしないとなりません。それは高低差だけでなく幅も少々広めに考えておく必要があります。また他に滑りにくい床や階段にすることで万が一転倒して骨折などしにくいようにすることが要求されます。これは後でカーペットなどを敷くなどで工夫をすることで解決できるかもしれません。さらに各部屋の室内ならびに廊下に手すりをつけることは言うまでもありません。そして何よりも風呂場に暖房は冬場には大変ありがたい存在であります。これのために入浴の最中に命を落とす確率を大幅に減らすことができるかもしれないからです。

Copyright 2018 購入か賃貸か 不動産を決めるポイント All Rights Reserved.