不動産物件での資産価値の条件などを、色々な価値の考え方から、いくつか例を挙げて書いてみました。

購入か賃貸か 不動産を決めるポイント
購入か賃貸か 不動産を決めるポイント

不動産物件と資産価値

不動産物件を購入する場合には、資産価値も重要で、如何に資産価値が下がらないようにするかということも、財産管理の重要なポイントではないかと思いますが、住まいもそうで、資産運用に不動産投資を利用する場合も、自宅を購入する場合も、できるだけ資産価値を下げないように管理することも大切ですが、その前に購入時点でも、どのような物件を選ぶかも重要になります。マンションの場合には、資産価値が落ちにくい条件とは、規模が大きい、立地が良い、管理状況が良いなどで、まずはその3点から調べてみるということが重要になります。特に管理面は忘れがちになりますので、特に中古マンションでは重要になります。

その中でも立地が一番重要ではないかと思いますが、やはりまずは交通のアクセスの問題で、駅に近いことや、駅自体の交通のアクセスが良いなどのことが重要になります。また交通のアクセスがいくつかあると、価値も上がります。ひとつが使えない時に、他の手段で移動できるからで、その事も重要になります。またその地域、エリヤのブランド力のようなものも重要になります。そこに住みたいという人が多ければ、価格自体は下がりにくいということになります。反対に住みたい人が少なければ、価格はすぐに下がっていきます。都会と地方の違いを考えるとわかります。

Copyright 2018 購入か賃貸か 不動産を決めるポイント All Rights Reserved.