別荘を手に入れるには、何等かの不動産物件を購入する必要がありますが、中古別荘をリフォームするのが安上がりです。

購入か賃貸か 不動産を決めるポイント
購入か賃貸か 不動産を決めるポイント

別荘地の不動産物件の選び方

別荘地でのリゾート生活や、定住しての田舎暮らしに憧れる人も多い事でしょう。一戸建て別荘を手に入れるには、何らかの不動産物件を購入する必要がありますが、大別して、土地を購入して新築の家を建てる方法と、中古別荘を購入する方法とがあります。一般的に、土地を購入して新規に家を建てる場合は、コストと工期が掛かります。その代り、自分の望み通りの間取りや設備を備えた、真っ新な家に住めるのは、大きな魅力です。

一方、建築済の中古別荘を購入する場合は、初期コストが低く抑えられるメリットがあります。又、土地から購入する場合は、木が生い茂っていて眺望が良いのか悪いのか分からないケースがありますが、中古別荘ならどのような眺望が得られるのかが事前に分かるので、眺望を重視したい人にも向いています。又、中古別荘を購入する場合も、比較的築年数の新しい物件やリフォーム済物件を購入する方法と、築年数が古い物件を購入して後からリフォームして住む方法とがあります。

一般的に、価格のこなれている要リフォーム物件を購入した方が、リフォームのコストを加えても、トータルコストが安く上がる可能性が高いと言えます。従って、少しも安くリゾートライフや田舎暮らしを実現したいなら、この方法がベストです。

関連リンク

Copyright 2018 購入か賃貸か 不動産を決めるポイント All Rights Reserved.