不動産物件には、いくつも権利が設定されていて、一番有名な権利が所有権ですね。でも所有権が絶対ではないようです。

購入か賃貸か 不動産を決めるポイント
購入か賃貸か 不動産を決めるポイント

不動産物件における権利。

不動産物件には、いくつも権利が存在しています。一番有名と言うか、この権利がみとめられなければおかしいですね、所有権です。不動産物件が土地の場合、また色々とけんりはついてきます。代理権や抵当権と言った、法律に関わる人でなければ無関係な権利ですし、おそらく、裁判にかけられたり、かけたり。そんな事にでもならない限りは関係ないと思います。こういった権利を主張しても、相手方が意味を理解していなければ、馬の耳に念仏状態です。こうした権利を主張するなかで、色んな判例がありますが、善意無過失の未成年者が、一番みたいです。

もちろん絶対ではありませんが。ちなみに、善意無過失とは、この場合は、何も知らず、知らないことに関して何の落ち度もないような場合を指すようです。不動産物件を購入予定でしたら、所有権と占有権くらいは知っておいて良いかもしれません。なんとなく意味はわかるかと思いますが、所有権とはそのものに対する権利、占有権は実際にそのものを使用している人が持つ権利を言います。会社の車がそうです。会社が所有する車を、運転している人が占有していることになります。賃貸型の物件もその権利が当てはまりますね。賃貸型の物件はまたややこしいですが。

Copyright 2019 購入か賃貸か 不動産を決めるポイント All Rights Reserved.