不動産の物件の中には、一度建てるとその建物を壊して新しい建築物を建てることができない物件があります。

購入か賃貸か 不動産を決めるポイント
購入か賃貸か 不動産を決めるポイント

再建できない物件の不動産について

不動産の物件をいろいろ見たところ、中には再建できない物件があるということが分かりました。再建できないというのは一度土地の上に建物を建てるとその建物を壊して新しい建築物を建てることができないことを指すのだそうです。しかし具体的にはどのようなものが挙げられているのでしょうか。

建て直すことができない理由として挙げられているのは、法律で書かれている土地の条件を満たしていないということだそうです。どのような条件かというと幅が4メートルもある道路に土地が2メートル以上接しているような土地であるという条件であり、それに満たしていれば建て直すことができるようです。これを買うメリットは他の物件と比べて安いということです。これは法律に違反している物件であり、誰も買おうとしないから安い価格なのだそうです。

立て直しができない建物でも法律に書かれている条件を満たすようにすれば立て直しができるそうです。ただそのようにするためには、近隣住民の理解や役所の手続きなど、多くのことを行なわなければならないそうです。また役所からの許可が下りない場合もあります。建物の中には建て直すことができない建物があったということについて初めて知りました。

関連リンク

Copyright 2018 購入か賃貸か 不動産を決めるポイント All Rights Reserved.