不動産投資ですすめられるのが多いのは分譲マンションの賃貸ですが、必ずしも目論見通りいくとは限りません。

購入か賃貸か 不動産を決めるポイント
購入か賃貸か 不動産を決めるポイント

不動産投資初心者が気をつけるべきこと

不動産投資にもさまざまな種類があります。代表的なものとして土地(更地)、マンションの分譲貸し、賃貸用集合住宅(アパート)、戸建て住宅などです。このうち、不動産投資斡旋業者が一般のサラリーマンさえ勧誘の標的にしてくるのがマンションの分譲貸し、その物件の大半は単身者向けワンルームマンションです。

勧誘口上は新入社員でもできるくらい、と言うより新入社員にやらせていると思われるのですが、定められたマニュアルどおり進みますのでどこの業者でも大してかわりません。「老後ゆとりある暮らしのためには月××円必要ですが今後年金は減額の一途をたどり、とてもそれだけでまかなえるものではありません。賃貸用物件を保有していれば家賃収入で毎月安定した所得が見込まれます。不動産が値上がりしたところで売却すれば譲渡益を得ることができます。今手持ち資金がなくても低金利の住宅ローンがご利用できますし、ローンの利息分は不動産所得の経費に算入できます。初期投資で赤字が出ても給料等他の所得と損益通算できますので、税金が還付されます。」等々です。

それらは決して虚言ではないのですが、言葉どおり上手く進まないのも不動産投資です。たとえ口上に嘘はなくとも、リスクについて説明されることは契約書にサインする寸前までありませんので注意が必要です。

Copyright 2018 購入か賃貸か 不動産を決めるポイント All Rights Reserved.